椿と花と音楽と

アクセスカウンタ

zoom RSS 惜別

<<   作成日時 : 2016/12/31 17:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

大晦日になりました。今年は多くの知人が亡くなり、悲しみに沈みました。

町田ハーモニカフレンズで長らくご一緒だった方が4人も亡くなられました。そのうち3人の方は私より若い方でした。

高校の同期生で、結婚式に呼ばれて写真を撮った友が亡くなり、お通夜で奥様に40数年ぶりにお会いしました。

元勤務先の同期で、今年の春の同期会に来ていた人が亡くなりました。

入社当時同じ部門にいた鹿児島出身のYさんが75歳でなくなりました。

玉川学園在住で、システム担当で、長らく付き合いあったYさんが70歳亡くなりました。

18年前、スペインのツアーで知り合った佐上浩三さんが亡くなられた。プラド美術館で何点も展示されていたストラディバリウスを丹念に見ておられたので、声をかけたら、NECを退職後、バイオリンの製作を手掛けておらえるとのことでした。後年、佐上さん製作の弦楽器のみを使用するコンサートにご案内頂きました。
ネットで検索すると、在りし日のお姿がみられました。

最近は家族葬で執り行われることが多く、通夜、告別式に参加できないケースが大半でした。
あとからお悔やみの手紙を送りました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今年最終ブログ「惜別」を拝誦し、loaferさんは人脈・知友に長けるだけに訃報への切なる思いが文面から緊緊と伺い知る事が出来ました。
loaferさんからすれば図らずも先陣で逝去された旧知の友の供養を伴う観点から 今後益々の健常で長寿の全うを切願しています。
タイトルの「惜別」及び文面からして 咄嗟に「蛍の光」の歌詞『とまるも行くも 限りとて互みに思う 千万の心のはしを ひとことに幸くとばかり 歌うなり』が過りました。
loaferさんには今年も格別のご厚情を賜り誠に有難う御座いました。来年も合唱復団と併せ本年以上のご愛顧何卒宜敷くお願い申し上げます。
良き新年をお迎えられます様 切願して居ります。
一福島人
2016/12/31 20:59
今年は本当にお世話になりました。台湾旅行は一生の思い出です。
別れは必然、悲しみを乗り越えて、精一杯生きていこうと思っています。
loafer
2016/12/31 21:41
今日の新聞は見開きで「墓碑銘」を特集しており、大晦日は故人を偲ぶのには良い日かもしれません。あなたがこのテーマでブログを書かれたのは、適していることになります。今日私は住所録を見る必要があったので、それを見ながら亡き友人・知人とのことを思い出していました。考えは更に先に行き、「葬儀に列席しなかったお宅の葬儀・埋葬はどうした(普通に?家族葬?海洋葬?樹木葬?など)だろう」まで思いを走らせました。以前は真剣には考えていませんでしたが、70歳半ばの今は50%以上は本気です。残された者に必要以上の負担をかけないようにするのが第一義でしょうね。

2016/12/31 22:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://affiliate.ntt.com/affiliate/ecsite/ec_detail.php?id=19 http://tr.my-affiliate.com/click.php?s=00000205&p=00100064&bc=TXT1
惜別 椿と花と音楽と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる