椿と花と音楽と

アクセスカウンタ

zoom RSS 高齢者は75歳以上に

<<   作成日時 : 2017/01/05 21:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

マスコミ報道によると、高齢者の定義が65歳以上から75歳以上に引き上げられるそうです。
いずれにせよ私は高齢者ですけど。

65歳から74歳までは准高齢者と呼び、90歳以上は超高齢者と呼ぶそうです。

取り合えず、年金支給開始年齢の引き上げとは関連しないそうですが・・・・

ともあれ、今年はしょぼくれないで生きてまいります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
現定義の「前期・後期高齢者」から「准高齢者・高齢者」への改称は諸事情からして納得出来ますが、高齢者の定年延長・雇用安定化、年金支給体系制度化等々の基盤固めが最優先課題と捉えます。
『今年はしょぼくれないで生きてまいります』とは 新春からLoaferさんには不似合いの意気消沈した句で淋しい限りで、茲は『今年も意気軒昂で生きてまいります』と解釈させて頂きます。
それにしましても、今日のA新聞朝刊だけでも 「高齢者」に係る特集記事が 数か所で散見され 否が応でも 世界に例のない「高速高齢社会・日本」を感じてしまいました。
准高齢該当1年の私事で恐縮ですが、今朝ホテルでインドネシアから旅行団体の方を接客中 お互いの年齢の話になり 『実年齢より若い!』との一言に るんるん気分で帰途の電車に乗車した途端、席に座っていた20代の女性から『席をどうぞ! 』と譲られ 白髪のおじさんは実年齢以上の歳上に観られたかと一喜一憂の一時でした(嗚呼!)。
一福島人
2017/01/06 20:04
人生50年から、60年、70年と延び、私も77歳にまでなってしまいました。息子たちの結婚が遅かったためもあり、まだ一番上の孫が10歳です。
せめて孫たちと一献傾けるまでは生きていたいと願っています。

昨今、私より若い知人を含めて、親しかった人たちが次々に亡くなり、寂しくなってきました。
loafer
2017/01/17 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://affiliate.ntt.com/affiliate/ecsite/ec_detail.php?id=19 http://tr.my-affiliate.com/click.php?s=00000205&p=00100064&bc=TXT1
高齢者は75歳以上に 椿と花と音楽と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる