椿と花と音楽と

アクセスカウンタ

zoom RSS がんもどき 癌もどき

<<   作成日時 : 2017/01/27 10:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

同じ住宅地の一人住まいの義姉が、秋口に腹痛と嘔吐で救急車で市内の病院に入院したのですが、原因が確定せず、北里大学病院を紹介されました。

身体的に負担が多い各種検査の結果、胆道ガンの初期状態のようだとの診断でした。

放置しておくと、癌化して手術が不可能となる恐れもあるとのことで、旧冬入院、手術を受けました。
幸い術後の経過は良く、年明けに退院しました。

ところが病理検査の結果は、癌ではなかったと最終診断でした。

胆道手術では肝臓も1/3程切除したそうです。
肝臓は再生する唯一の臓器だそうですから、いずれ元に戻るでしょう。

痛い思いをし、多額の医療費をかけてともかく安心はしたのですが、この結果を喜んでいいのか悪いのか、少々判断に苦しむところです。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一瞥し意味深で衝撃的なタイトルのブログを早速拝誦させて頂きました。
日本人の2人に1人が癌に罹り、3人に1人が癌で亡くなくなると謂われる国民病の一方で、癌ほど紛らわしく、誤診の多い病気はない様です。
御義姉様は肝臓1/3程切除とは謂え、癌では無いとの最終診断との由、不幸中の幸いで何よりとの思いで安堵致しました。



一福島人
2017/01/27 20:02
癌でないことが分かったのは良かったのですが、出来ればもう少し事前の検査でハッキリしてから手術に臨めばよかったのかもしれません。
loafe
2017/01/28 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://affiliate.ntt.com/affiliate/ecsite/ec_detail.php?id=19 http://tr.my-affiliate.com/click.php?s=00000205&p=00100064&bc=TXT1
がんもどき 癌もどき 椿と花と音楽と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる