紅葉の高尾山

 2日ぶりに晴天となったので、家内と高尾山にでかけました。陣馬山から縦走したのは十数年前でしたが、高尾山単独だと、一体何年ぶりか記憶にありません。高尾線が開通して40年だそうです。京王線の高尾山口を降りると、平日にもかかわらず、大勢の人がケーブル駅の方に歩いています。駅を降りた人の中には、煙草を吸い出す人も・・・。山で煙草の煙りをかがされるのはご免ですね。

画像


 ケーブルには乗らずに、パンフレットにある健脚向き3.1㎞の稲荷山コースを登りました。小学生の集団と一緒になりかけたので、道を譲って後から登りましたが、途中で追いついてしまいました。話し声を聞くと、1年生から3年生まで総勢70名ほどの集団を5人の先生が引率していたようです。元気な声をはりあげて歩く小学生に励まされて登っていきました。雨上がりでちょっと滑りやすいところもありました。

途中稲荷山で休憩しているとき、先生はゴミを持ち帰るように口を酸っぱく話していました。小学生のあるグループは歌を唄いながら登っていましたが、ふと聴くとなんとベートーベンの「第九」をドイツ語で歌っているのです。これには驚きました。私は今年初めて第九の講座にかよっているので、私も小学生に合わせて歌いながら登っていきました。

頂上間近で12時を過ぎたので、途中のベンチでおにぎりを食べました。小学生達は頂上まで一気に登って、599mの頂上にシートを敷いて車座で昼食を摂っていました。頂上付近は大勢の人で賑わっていました。家族連れも多いのは、月曜日でお父さんが休日に当たっているからでしょうか。また外国人も随分多く見られました。西洋人だけでなく、ハングルを話す韓国人、中国語を話す中国、台湾人も多かったようです。
紅葉が見頃で、また逆光気味でしたが、富士山や丹沢、大山方面がよく見えました。

画像


画像


画像


 帰り道は、薬王院に寄って、回り道をしてR高尾駅に降りました。

画像


 高尾駅近くの国道20号線のイチョウが色づきはじめていました。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック