山陰・山陽の旅 その1 宮島

 旅行社のツアーに参加して、誕生月に行く山陽・山陰3日間のツアーに妻と2人で参加してきました。新幹線が全列車、品川、新横浜に止まるようになり、東京発のツアーに途中駅から乗車することが出来、随分便利になりました。入場券を買ってホームに入り、10時に予め指示された号車に乗車すると添乗員が入り口に旗をもって待っていました。新幹線「のぞみ」で広島へ。同じ旅行社でルートが少し違う団体が乗り合わせました。
 列車のなかでお弁当が配られ、2時過ぎに広島着。駅頭にはなんと四国の愛媛交通のバスが迎えにきていました。宮島口へ。JRの連絡船で宮島へわたりました。

画像





 JR連絡船は青函連絡船、四国連絡船が廃止された現在、全国で宮島航路しか残っていないそうです。朝6時台から夜10時過ぎまで運行していて、片道は10分ほど。

 干潮時でした。

画像画像










             能舞台
画像画像













 紅葉が真っ盛りでした。
画像画像












 小さな遊覧船に乗って、ライトアップされた厳島神社鳥居を海から眺め、宮島口に戻りました。宮島口からバスで宇品のグランドプリンスホテルへ。広島市中心部からは約30分離れた、高層ホテルからの景色は360度で見事でした。

画像画像

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月20日 20:11
紅葉・・いいシーズンだったのですか、よかったですね。以前、私の行ったツアーでは、少し、時期が早すぎました。
「焼き牡蠣」たべられましたかね・・。
2008年11月20日 20:44
早速のご訪問有り難うございます。
紅葉は幸い丁度真っ盛りでした。2日目、3日目の記事でも紅葉をお目に掛けます。3日目に中国自動車道でかなり雪が降りびっくりしました。11月にこれだけ降るのはめずらしいとか。紅葉と雪の取り合わせは初めてでした。真冬の防寒支度をしていったので助かりました。
牡蛎はシーズンインしていますが、全食付のツアーだったので、「焼き牡蛎」を食べる機会がありませんでした。
帰途、広島駅で牡蛎入りのお好み焼きを注文。帰りの新幹線車中で食べましたが、美味かったですよ。
土曜日に、ささやかな酒のつまみを持参します。

この記事へのトラックバック