初詣

初詣は元旦の午後、地元の杉山神社へ出かけました。
我が家から歩いて15分ほどのところです。

神社の入り口から延々と長い行列ができていて、お参りするまでに50分かかりました。
この神社も私共が引っ越してきた40年前はさびれていました。
周辺の人口が激増したためもあってか、手入れをされました。
隣はお寺と接しています。
子どもが小さいころ、除夜の鐘を突きにいきましたが、今年は鐘の音が聞こえませんでした。

画像画像













ちょうど成瀬囃子と御神楽をやっていました。
画像画像















画像


今年は長男一家はインドネシア在住、次男一家は長野にいっているため、十数年ぶりに夫婦二人だけの静かな正月です。

この記事へのコメント

一福島人
2017年01月03日 14:50
今年の初詣は温暖な天候に恵まれた所為か どこの神社仏閣も 例年にない混み様だった様です。
先々の不透明な景況・社会世相を反映し 世情と家内安寧を祈願した方も多かったのではないでしょうか。
除夜の鐘が騒音とのクレーム現象は何とも世知辛い世も中に化したものと憂慮してしまいましたが、田舎でも成り手が少なく希少価値の囃子や御神楽が都下で行われているとは朗報ですね。
十数年ぶりに御夫婦お二人で迎えられた正月は、新年への思いも一入・格別なことと推察致します。
2017年01月03日 16:21
除夜の鐘が騒音だという意見があるとはビックリです。
深夜とはいえ、年に一度位は許されないのでしょうか。
もっとも公園に面した家からラジオ体操のラジオが煩いというクレームがあるそうですから・・・・。
2017年01月05日 09:25
除夜の鐘についてのこんなデータを見つけました。出展は「ヤフーの意識調査」。
結論は「迷惑と思わないが97.1%」。(1月5日現在・投票総数13万票強・回答者男約79%女約21%)。まだまだ日本文化を残したい人が多い…と解釈したいのですが、安易?

この記事へのトラックバック