コール クライス コンサート

11月30日、町田市民フォーラムで開かれた米澤二美さん指導のコール クライス コンサートのビデオ撮影を依頼されて、出向きました。

180の座席は満席の大盛況でした。
盲目の音楽家、島筒英夫氏作曲の金子みすゞ詩による合唱組曲をはじめ、島筒氏によるピアノ語り一人二重奏など、感銘深い2時間ほどのステージでした。

結成後20年近く経ち、初めての演奏会だそうですが、最後の「ふるさとの四季」以外はすべて暗譜。声が揃っていてとても素敵なコンサートでした。

画像


画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

一福島人
2017年12月04日 13:09
ビデオ撮影お疲れ様でした。名実共に誰もが認める名カメラマンloaferさんにとって今年何回目のビデオ撮影でしょうか。
結成後20年で初演奏会とは以外ですね。「ふるさとの四季」私も一度歌ってみたいものです。

2017年12月04日 13:49
ビデオカメラは4台目になります。
撮影の場所とかアングルなど工夫はしています。

現在使用中のものは今は生産を止めた日立製で、ハードディスク、小型blu-ray、DVD,SDカードのいずれにも直接録画できるすぐれものですが、10年近く使っているので、故障が心配です。
無駄な場面をカットしたり、アナログならフェードイン、アウトなどの加工もできます。
最近のものは内臓メモリーかSDカードに保存するものになり、また4K、8k対応のものまで出ています。
パソコンを使って字幕を入れたり、編集するのは時間が掛かるので、やっていません。
もう新機種を買うことはないでしょう。
2017年12月04日 16:00
あなたの写真好き&撮影技術の上手さは承知していますが、ビデオ撮影も度々依頼される腕前なのですね。その手の依頼は「失敗したらどうしよう…」とプレッシャーが掛かるもので、私などは避ける傾向にあります。…が、あなたは関係なさそうに見えます。私事ですが、動画と言えば45年ほど前、当時としては希少の8ミリを所持していましたが、その後映写機の故障で撮り貯め分をVTR化に。しかし、見返すことも少なくどこにしまったか…?「熱」って時間が経過すると一気に下がってしまうものですね。と言うこともあって、ビデオカメラは購入したことがありません。
2017年12月04日 16:20
ビデオは20年くらい前から、演奏会などの撮影をしています。プロに頼むと高いので、アマチュアの私に依頼があります。実費+α位で提供していますので、喜んで頂いています。

8ミリはシングルエイトで100本以上撮りましたが、1巻3分20秒で1000円以上かかりましたね。映写機は現存しますが、最近は使っていませんから、動くかどうか?
ビデオは8ミリビデオからデジタルに、そしてメモリー・ハードディスク型へと変遷しました。
アナログ時代はベータやVHSにダビングしていましたが、これらの再生機が稼働しているうちに、必要なものをDVD化しないといけません。
技術が進歩していくのは良いのですが、規格が変わって互換性がないものになると困りますね。
2017年12月16日 09:57
演奏会ビデオの制作、納品が済みました。
チラシからジャケットを作り、曲目は裏面に印刷し、ディスクはDVDとBlu-rayに分けてラベルを印刷、貼付しました。
DVD13枚、Blu-ray9枚の注文があったので、夜なべで作業しました。
DVDは方式がいくつかあるので、一番汎用性のあるビデオ方式を採用するのですが、等速でのダビングですから、1枚2時間近くかかります。Blu-rayは高速ダビングが駅るので、1枚わずか15分ほどです。
Blu-rayは画像も綺麗ですし、早く全面的に普及してほしいです。

この記事へのトラックバック