ハガキ

DSCN0018.JPG

ハガキはかなり以前にサイズが大きくなりました。いつ大きくなったのでしょうか。
左の小さい方は、横9cm、縦14cmです。右の現在の官製はがきの寸法は、横10.0cm、縦14.8cmで、私製ハガキの寸法の最小とおなじです。私製ハガキの最大寸法は、横10.7cm、縦15.4cmと決められています。

現在のハガキは63円、封書は84円です。価格差は21円、ほぼ3:4です。
私の記憶では、ハガキが5円の時代、封書10円、ハガキ7円の時は、封書15円でしたから、ハガキは封書の半分だったと思います。
配達の手間はハガキも封書もほとんど変わりませんから、両者の料金が接近してきたのでしょう。
ちなにみ国際航空ハガキの価格は70円で、世界中均一料金です。国内に比べて安めに設定されていると思いますが、万国郵便条約で規定されているようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

一福島人
2020年07月13日 20:10
国際航空ハガキ価格70円の世界均一料金は万国郵便条約規定に拠るとは そうかなとの漠然たる思いは有りましたが 正式には初めて知りました。
ホテル勤務時外国人客が70円切手貼り付けた日本の絵葉書(富士山、浅草、相撲絵葉書が人気)に思いを込めた手書き文投函を依頼される事多々あり
ましたが、コロナ禍でインバウンド客復活到来は何年後かと思うと年齢的にもホテル勤務、インバウンド客への接遇も限界年齢かなと悟りの境地で悲嘆に暮れています。